>>> English
JAXAウェブ > 宇宙利用推進本部ウェブ > 準天頂衛星システム Home
  qzss.jaxa.jp
Jaxa
  準天頂衛星システム
  QZSS=Quasi(準)-Zenith(天頂) Satellites(衛星) System(システム)

 

衛星による測位システムは、地殻変動の監視から測地・測量、天気予報、カーナビやケータイによる道案内、ロボットの制御、ネットワークの時刻同期まで実に幅広い分野に利用され、私たちの生活に無くてはならないものになっています。

準天頂衛星システムは、日本で常に天頂付近に1機の衛星が見えるように、複数の軌道面にそれぞれ配置された衛星を組合せて利用する衛星システムです。これらの軌道は、軌道傾斜角(赤道面からの軌道面の傾き)を持って、地球の自転と同じ周期で地球を回っています。衛星が常に天頂方向にあるため、山やビル等に影響されず全国をほぼ100%カバーする、高精度の衛星測位サービスの提供が可能です。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、準天頂衛星システム初号機の研究開発と技術実証を行うことによって、わが国の衛星測位技術の高度化を実現し、便利で安心・安全な社会の実現に貢献したいと考えています。

 
*なお、「QZ-Vision」の本格オープンに伴い、当サイトの内容は「QZ-Vision」へ統合される予定です。これまでのご利用ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
  システムや取り組みについて
  01「準天頂衛星システム」とは? 02「準天頂衛星システム計画」とは? 03「高精度測位実験システム」とは?
 
  QZSS+GPSで変わる未来
  04準天頂衛星がもたらす未来 05準天頂衛星+GPS=? 06生活に欠かせないGPS
 
  測位ってなんだろう
  07居場所が分かる測位とは?
     
  ユーザインタフェース仕様書(IS-QZSS)
 
 

準天頂衛星システムから送信する測位信号・メッセージの仕様やQZSSのサービス概要、性能等についてまとめた文書 「準天頂衛星システムユーザインタフェース仕様書」(IS-QZSS)を公開しています。

 
   
   
   
宇宙航空研究開発機構 宇宙利用推進本部 準天頂衛星システムプロジェクトチーム
Copyright 2008 Japan Aerospace Exploration Agancy
Contact us